文字サイズ 標準 大

お問い合わせ
 
HOME > フリーアクセスフロアとは > フリーアクセスフロア近年の動向

フリーアクセスフロア近年の動向

フリーアクセスフロア市場の歩み

フリーアクセスフロアがコンピュータ機器の導入と併せて採用された当時は、コンピュータ機器メーカが米国でのアクセスフロアの仕様に合わせて、各社独自の仕様を規定していました。
昭和37年から昭和38年頃、国内でフリーアクセスフロアが開発され始めた当時、メーカは顧客の導入するコンピュータメーカの購入仕様により生産納入していました。

昭和50年代に入り、一般オフィスにOA機器の採用が始まり、輻湊する配線の処理と管理について、安全性及び快適性の観点からフリーアクセスフロアが注目されるようになりました。
特に昭和61年7月に通商産業省の主導によるニューオフィス化推進運動は一般事務所の環境を一変し、快適、安全及び機能的なオフィス作りが強く要請されるようになりました。
このニューオフィス作りに不可欠なフロアとしてフリーアクセスフロアの採用が増加し、各メーカが一般事務所用フリーアクセスフロアとして8種類の構成材料と7種類の構法の組合せによる開発品で一般オフィス市場への参入となりました。

従来のコンピュータメーカの指示する仕様通りに生産していた体制から各メーカがそれぞれ製品の特色及び仕様をユーザーに説明・販売するという市場に変ってきました。
ところが8種類の構成材料には、従来一般にその材料に実施されている材料固有の試験方法があり、構法についてもそれぞれ試験の考え方があり、ユーザーの立場からすれば、各製品の比較検討が容易ではなく、また一般事務所用フリーアクセスフロアとして必要にして充分な試験項目はどの項目であるのかという要望が高まってきました。
そういった諸々の課題に一丸となって取り組み、お客様に安全で安心してお使いいただく製品の提供を果たすべく、標準化等ルール規格など一篇化すべく、フリーアクセスフロア工業会が設立され、各委員の献身的な活動を以て、現時点で一般事務所用としての必要にして充分な試験項目の設定とその試験項目による統一試験方法及び性能値を規定することにより、市場の要請・要望に応えつつ、現在オフィスはもちろんの事、あらゆる建物に なくてはならない商品として認知される商品にまで成長しています。

 

 

近年の動向

昨今、東京オリンピック誘致などを契機に潮目も変わった模様で、ビルの建替え・着工予定・計画案件など、取り巻く環境は上昇機運に入ったように受け止めます。
直近の平成26年度の総出荷面積も前年を大きく上回る436万㎡(フリーアクセスフロア工業会・資料)に達し、業界各社の受注残も増加を見せており、ここ数年は一定の需要を確保できるものと見込んでいます。
商品開発も拍車がかかり、床下空調(パネル下に空調空気を通し、パネルに設けられた吹き出し口から送風するというもの)や用途別製品(ある業種に限られて使用される床に必要とされる機能を有した製品)等々、顧客ニーズに沿った製品を次々と生み出されています。
また、工業会による災害時に対応し得る製品と施工方法の研究開発、関連団体との接触による付加価値製品の創出に向けた活動も活発化しており、進化するフリーアクセスフロアとともに今後の市場拡大を期待するところです。