文字サイズ 標準 大

お問い合わせ
 

ピックアップ

  • 新企画 建築技術ミニコラム「天地」を10月初旬スタートしました。

    当会をご指導いただいている先生方による連載コラムです。

    下記タブをクリック下さい。

  • 2017建築学会(広島)にて東工大との共同研究成果を発表。
    開催概要はこちらを参照ください。
    建築学会jafa発表.ppt

  • JAFA紹介ポスターが完成。会員各社製品総揃い。
    ポスター5月23日最終版.pdf

HOME > 建築技術ミニコラム"天地" > スポーツ、科学、工学

設計・建築技術ミニコラム

スポーツ、科学、工学

2018年03月16日 高橋 宏樹(ものつくり大教授)

ピョンチャン五輪が終わりました。トップアスリートの奮闘ぶりを観ると、「よしっ、自分もがんばろう!」と思うのですが、恥ずかしながら毎回その場限りで終わります。

私が子供の頃は、スポーツには根性がつきものでしたが、今は科学的なトレーニングで競技力向上を目指すと表されています。しかし、科学的なトレーニングがラクだという事ではなく、それは必死にトレーニングに取り組むアスリートの映像などからでも明らかです。

ところで、工学的なトレーニング、という言葉を耳にすることは余りありません。私たちの分野である建築や土木は、日本の学校では工学部などの中にあります。私は学生時代に生理学のゼミに所属しており、生理学は科学の一分野と教わりました。科学も工学もいわゆる理系の学問分野だと思うのですが、経営工学という分野もあります。

このコラムは学問分野の定義について述べるものではありませんが、少し整理してみると、それぞれの役割がみえてくるように思います。次回からはこの辺りについて述べたいと思います。


執筆者紹介