文字サイズ 標準 大

お問い合わせ
 
JAFA認証制度について

ピックアップ

  • JAFA 性能評価認証制度事業がスタート

    2019年度6月JAFA総会において標記認証制度が決議され、本年10月より認証品が市場に出荷スタート予定となります。

     本制度はフリーアクセスフロアの性能に関する表示方法を明確にすることによって、ユーザーの製品選択の利便性と、製品の信頼性向上を目的としています。

    その審査は、JAFAが定めた試験機関による試験データー(フリーアクセスフロア試験方法「JIS A 1450:2015」に基づくフリーアクセスフロアの性能評価2015.10を適用)や品質管理チェック表他をもとに、外部有識者審査員により行われ合否を判定いたします。

     認証品に付与する認証マークは図の通りです。

  • 新企画 建築技術ミニコラム「天地」を10月初旬スタートしました。

    当会をご指導いただいている先生方による連載コラムです。

    下記タブをクリック下さい。

  • 2017建築学会(広島)にて東工大との共同研究成果を発表。
    開催概要はこちらを参照ください。
    建築学会jafa発表.ppt

  • JAFA紹介ポスターが完成。会員各社製品総揃い。
    ポスター5月23日最終版.pdf

設計・建築技術ミニコラム

想像

2019年09月02日 高橋 宏樹(ものつくり大教授)

前回、地道な成果は、その先の華々しい成果に繋がることを想像しづらいもの、と書きました。つまり成果に繋がることが「想像」できれば、地道な成果を上げることを厭わなくなるはずです。この「想像」できる力を養うことが大事なのだと私は思います。特に工学分野では、理学分野と比べてより近い未来に実用化することを目指していますので、成果の到達地点をより具体的に意識できますし、また意識する必要があると思います。

また「想像」すると、結果として間違いを少なく出来ると私は思っています。学生のような若い人たちは、もちろん私もそうだったのですが、目の前の課題に夢中になってしまい、周りを見ること無く進めてしまうことがあります。むしろ周りを見る余裕が無いと言うことかも知れません。そのときに、この成果は次にどのように繋がっていくのか、その先の着地地点はどのようなものなのか、などがおぼろげながらでも見えていれば、間違いを少なくしながら課題に取り組めるのではないかと思います(一方で、大事にいたらない間違いや失敗は技術者として一人前になる過程では不可避なことと思っていますが、この辺りの話しはまたの機会に)。

上記のことは「想像」することの一例であって、少し先のこと、結果あるいは成果を想像することはどんな勉強にもどんな仕事にもどんな趣味にでも大事なことで、それが「創造」に繋がるのだと思うのです。


執筆者紹介